声がれの原因

声がれは声帯の振動が何かの原因で傷害されて起きる症状です。
たまに風邪をひいて声がかれることがありますが、これは炎症による声帯の充血や出血、浮腫、粘膜上皮の剥離が原因といわれています。このような場合は、喉を安静にすることで、治癒するものです。
しかし、慢性的な声がれは声帯の突起や声帯自体が硬直したり、萎縮したりしておきます。
疾患として代表的なものは、腫瘍、声帯ポリープ、声帯結節、慢性喉頭炎、声帯みぞ症などがあります。これらの症状の場合は、声がれの治療としては、喉の安静を守ることが第一となります。
また、喉に負担をかけない発声法を身につけることも治療の一つです。

声がれ治療法としての音声治療

その発声法として、音声治療があります。
音声治療は声がれの悪化防止と改善のための治療法の一つです。
発声法といっても、歌のためのボイストレーニングとはちがい、ボイスセラピーといわれる声の治療です。
ですので、一般的な発声訓練とは異なるものなのです。
音声治療では、耳鼻咽喉科医と言語聴覚士が治療にあたります。
内視鏡で声帯の異常がないかを確認し、咽頭ストロボスコープという機械をつくって、声帯の振動を診ます。この声帯所見を元に、言語聴覚士が治療を行うのが音声治療なのです。
音声治療でも、声がれは短期間で治癒するものではないので、気長に取り組んで下さい。
音声治療は、医療機関を受診し、耳鼻咽喉科の医師と言語聴覚士に相談することをお勧めします。

声がれの予防としての喉のケア

声がれの予防として、のどのケアの方法についてまとめておきます。
声がれをしないように、正しい発声をすることが大切です。
また、風邪の予防や喉の乾燥にも注意しましょう。
以上、声がれの治療法についてご紹介しました。

ご紹介した情報がお役に立つと幸いです。

amazon

声がれ治療法について

声がれの治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
声がれでお悩みの方も多いと思います。風邪以外で声が慢性的にかすれている場合は、何らかの疾患が起きている疑いがあります。
そうした声がれの場合は、耳鼻咽喉科に出向いて、声がれの治療を受けるとよいでしょう。


プライバシーポリシー